映画「逆鱗」制作報告会現場

4月2日、ソウル、紫陽(チャヤン)洞のロッテシネマ建大入口(コンデイック)で映画「逆鱗」の製作報告会が開かれ、イ・ジェギュ監督をはじめ、ヒョンビン、チョン・ジェヨン、チョ・ジョンソク、ハン・ジミン、パク・ソンウン、チョン・ウンチェらが参加した。

映画「逆鱗」は世祖即位1年、王の暗殺を巡って繰り広げられる、生きなければならない者、殺さなければならない者、生かすべき者の交錯した運命と歴史の中に隠された息詰まる24時間を描いた映画だ。韓国で4月30日より公開される。

チョン・ウンチェは製作報告会で「ヒョンビン、チョン・ジェヨン、チョ・ジェヒョン、チョ・ジョンソク、パク・ソンウン、ハン・ジミン、キム・ソンリョンら、こんなに多くの俳優たちが1つの作品に集まったという点で驚くべきだった。1人、1人、会うのが難しい方々だから光栄だった」と回想した。引き続いて「現場でたくさん学んで得た経験だ」と付け加えた。

また、「理想のタイプを1人選ぶとすれば?」という質問には「チョン・ジェヨン」を指名し、顔が赤くなる出来事があった。指名されたチョン・ジェヨンは嬉しそうにチョン・ウンチェにその場でお礼の挨拶をした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-