移動して歩いている途中でも台本を離さない

「ゴールデンクロス」の撮影現場に「熱血台本狂」が登場している。

初放送を終えたKBS2TVの水木ドラマ「ゴールデンクロス」側は台本練習の真っ最中である俳優の姿を公開した。俳優全員がみな撮影中終止、手から台本を離さない姿が注目される。公開されたスチールのキム・ガンウの手には常に台本がある。

実際に彼は台本をもらうと自分の台詞ひとつひとつにアンダーラインを引くのはもちろん、いつでもどこでも取り出してセリフを覚えやすくA4用紙で別途製本までする熱意を見せる。さらに次の場所に移動して歩いている途中でも台本を離さないキム・ガンウの情熱的な姿が注目をひきつける。

これについて「ゴールデンクロス」の製作スタッフ側は「『ゴールデンクロス』の撮影現場では俳優が台本を精読する姿があちこちで見られる。俳優は撮影直前まで台本を離さず徹底した分析を繰り返している。全力を尽くして撮影し、高い完成度で視聴者の方々にご覧いただきたい」と伝え、期待を高めた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-