切迫した人物コ・ゴンスをリアルに描いて見たかった

イ・ソンギュンが「墓場まで行く」で生涯初のアクション演技に挑戦する。

イ・ソンギュン、チョン・ジヌン主演の犯罪アクション映画「墓場まで行く」ではイ・ソンギュンがたった一度の失敗で危機に追われた絶体絶命の刑事に扮して新しい変身を見せることで期待を集めてる。「墓場まで行く」は一瞬の間違いで絶体絶命の危機に処した刑事コ・ゴンス(イ・ソンギュン)が自分が失敗した事件を隠蔽し始めながら起こる予測不可能の話を描いた犯罪アクション映画だ。

TVとスクリーンを通じてソフトなイメージと冷たいイメージの魅力を行き交いながら観客たちを捕らえた俳優イ・ソンギュンが「墓場まで行く」を通じて窮地に追い込まれた刑事として変身し、体を惜しまない演技の闘魂を見せてくれる予定だ。

イ・ソンギュンは「事故を隠蔽しようとしたがむしろもっと事件にハマるという話が面白かったし、既存に韓国映画で見られなかったジャンルになるようだ。一事件を解決すればもっと大きい事件が待っている状況の中で切迫した人物コ・ゴンスをリアルに描いて見たかった」と映画に対する愛情とキャラクターに対する努力を伝えて映画に対する期待感を高めている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-