「『強心臓』で一緒になっただけに義理を見せた」

俳優イ・ドンウクがSBSの新バラエティ番組「ルームメイト」に出演する。

イ・ドンウクの所属事務所関係者は「イ・ドンウクが『ルームメイト』に出演する。しかしMBCの『ホテルキング』の撮影スケジュールによって序盤にだけ出演する予定だ」と発表した。この関係者は「イ・ドンウクはパク・サンヒョクプロデューサーと『強心臓』で一緒になっただけに義理を見せた」と語った。

一方、「ルームメイト」は最近若年層の間で新しく登場した住居形態である「シェアハウス」をモチーフにした観察バラエティだ。「シェアハウス」は入居者が居間、台所、トイレなどの空間を共有して一緒に暮らす方式で家賃の経済的負担を減らすことができることで20、30代の未婚男女に脚光を浴びている。

「ルームメイト」はトップスター男女約10人が1つ屋根の下で互いに体験する興味深い日常生活を、密着撮影を通じてリアルに描き出しその中で笑いだけでなく友情、家族愛など深いヒューマニズムまで伝える予定だ。現在、2NE1のBOMとAFTERSCHOOLのナナ、シン・ソンウ、コメディアンのチョ・セホ、モデルのイ・ソラ、5urpriseのソ・ガンジュン、パク・ミヌ、ファイターのソン・ガヨンが出演を確定した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-