「迷子になった子ども同然だった」

ガールズグループ少女時代のテヨンが、中堅ガールズグループとして持つ心配を打ち明けた。

SBS「ヒーリングキャンプ-うれしいじゃないか」には少女時代メンバー全員が出演し、センスがあるトークを広げた。

ユリは「私たちは一緒に歌って踊った友人だった。歌手になろうという目標を成し遂げてから、私が本来望むものが何なのか、混乱し始めた」と打ち明けた。引き続き「迷子になった子ども同然だった。目的地がかすんできた。どうすれば少女時代がもう少しみんな一緒に幸せで美しく残れるのかと悩んでいる」と話した。

これに対しテヨンは「時間が過ぎ、新しいグループが出てくるのではないか。ファンたちが乗り換えるかと思って心配になった。はやく私たちはアルバムをリリースしないといけないという気持ちがあった」と素直に告白した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-