「メンバー全員、報道前から2人の熱愛を知っていた」

MBCバラエティ番組「黄金漁場-ラジオスター」(以下「ラジオスター」)では、少女時代のメンバーテヨン、ジェシカ、ユリ、ティファニー、サニーが出演し、「今は恋愛時代!」というテーマで愉快なトークを広げた。

MCキム・グラは少女時代のメンバーに堂々とした公開恋愛を推薦したが、メンバーはあふれる大衆の関心が負担になると素直に打ち明けた。

メンバーは「ラジオスター」へ出演しなかったユナとスヨンの公開恋愛と関連した話から自分たちの恋愛計画まで明かして注目を浴びた。

メンバーは恋愛と関連した鋭い質問にかたい表情で用心深い姿を見せた。キム・グラはメンバーに「ユナとスヨンが恋愛しているのを知っていたか」や「個人的にイ・スンギやチョン・ギョンホに会ったことがあるか」と率直に尋ねた。

ティファニーは「スヨンの知人たちと親しいので時々会った。メンバー全員、熱愛記事が報道される前から、スヨンとユナの熱愛事実を知っていたし祝福した」と話した。ジェシカもまた「メンバー全員がスヨンとユナの熱愛を知っていた。お祝いすることだし、嬉しいことだ。記事で見る前に、当然メンバーに知らせるのが礼儀だと思う」と語った。

少女時代は互いに秘密はないと強調し、7年目になるグループ内の友情をアピールした。

ユリはメンバーの熱愛報道後も続く視線に悔しい心境を吐露した。彼女は「私たちも恋愛をする年だし恋愛することは過ちではないのに、行き過ぎた注目が堂々とした公開恋愛を躊躇させる」と正直に打ち明けた。彼女の話にキム・グラは「少女時代はハリウッドスターのパリス・ヒルトンのように、自由奔放な恋愛をしなければならない」と強調したが、ジェシカは「そのようにしたいが、人の目があるからできない。私も見つかったら公開恋愛をする」と冗談を言って笑いに包まれた。

少女時代はこの他にも理想的なスキンシップや魅力的な男の友情などに関連した様々な話を交わした。ジェシカは「積極的なスキンシップは良くない。キスも口以外でおでこにするのがとてもときめく。ところで、こんな話を兄さん(キム・グラ、ユン・ジョンシン、キム・グクジン、キュヒョン)の前で言わなきゃいけないの?」と怒った。

サニーはメンバー同士で喧嘩したエピソードを公開し、「喧嘩をしても悪口は言わない。傷つくから」と説明した。引き続き「メンバー間で何かあればすぐ解決しようと努力する」として長寿グループの秘訣を打ち明けた。

少女時代メンバーはこの日、様々なテーマで話をしながら、お互いに配慮を忘れない厚い友情をアピールした。多少率直で直接的な発言が、“少女”らしくない印象を与えたが、それもまた、少女時代だった。そして20代半ば、“春”を迎える彼女たちは、より一層美しく輝いていた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-