“聴く音楽”や“ヒーリング”を歌う現在の歌謡界で活躍するアイドルたち 1

最近EXO、VIXX、バンタン少年団など新人男性アイドルグループの活躍が目につく。

6月3日、1stフルアルバム『XOXO(Kiss&Hug)』を発売したEXOは、カムバックわずか2週間で地上波3社の歌番組でデビュー後初めて1位に選ばれる人気を見せた。

特に彼らの地上波3社トリプルトロフィー達成は、大先輩チョー・ヨンピルとの競争で勝ち取った結果でさらに意味がある。

KとMに分かれて活動したEXOは、12人の完全体になって多人数を活用したレベルが違うスケールのパフオーマンスで目を引いたのはもちろん、自分たちが発散できる最大限の魅力をステージ上でアピールしてファンを熱狂させた。そして“アイドルの絶対王者”という修飾語も得た。

EXOの善戦はここで止まらなかった。彼らはハンターチャート、ホットトラックスなど各種アルバム販売量集計サイトで2週連続(6月10日〜16日)1位を占め、“新アルバムキング”の座を予告した。また、6月22日付のアメリカビルボードワールドレコードチャートでも堂々と1位に輝いた。

現在EXOは新曲を発表してから、まもなく1ヶ月経つにも関わらず、冷めない人気を見せて活発な活動を広げている。