壊れたコミカルな姿まで、隠された余興でギャップのある魅力を現わして視聴者たちに新鮮な笑いをプレゼントした。

俳優キム・ジェウオンが短いが強烈な熱演で「コミカル演技の最高王」として浮上して話題を集めている。

彼は「白い悪魔」というニックネームにふさわしく直接現場に捜査に出ることはもちろん、隙もないシナリオ作業などで夜遅くまで続いた会議にもかかわらず、父親が叶える事ができなかった夢の成就のために監督として、息子として努力と情熱を止めなかった。これまで料理なら料理、愛嬌なら愛嬌で「国民の息子」の真面目を現わしたキム・ジェウオンだからこれまで隠して来たコミカル本能を燃やす彼のギャップある姿は視聴者たちに新しい魅力を見せつけるには十分だった。

このようにキム・ジェウオンはカメラの動線から俳優たちの表情まで几帳面にすべてのものを確認するカリスマ監督の真摯な姿はもちろん、壊れたコミカルな姿まで、隠された余興でギャップのある魅力を現わして視聴者たちに新鮮な笑いをプレゼントした。何より父親の息子として、父親の夢を一歩遅れてでも叶えようとする彼の温かい心遣いは顔のように輝いて視聴者たちも嬉しい顔を見せた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-