視聴者に胸の詰まる思いを感じさせた。

「星から来たあなた」でパク・ヘジンがすべてのものを吹きだす号泣で視聴者を切なくさせた。

SBS水木ドラマ「星から来たあなた」19回でヒギョン(パク・ヘジン)は兄のハンギョン(ヨン・ウジン)の死を工作したジェギョン(シン・ソンロク)に自分の命をかけて最後まで自首を勧めた。ヒギョンは過去にジェギョンの頼みで持って行った飲み物を飲んで兄のハンギョンが死んだという事実に自分を責めながらこみ上げる感情を隠すことができなかった。

ジェギョンの悪事を阻むことに決心したヒギョンはト・ミンジュン(キム・スヒョン)を呼んだ。ヒギョンは自分が羨ましいと言う彼に「俺が羨ましい?俺の血肉が俺が愛する女性を殺そうと思ったし、俺の兄を殺したんだ」と言いながら涙をぽつりぽつりと流した。

ヒギョンはまた苦しみを吐いて「俺の手で兄にそれを持っていった…俺が…」と告白して嗚咽しながら号泣し、視聴者に胸の詰まる思いを感じさせた。以後ヒギョンはお酒に酔った状態でジェギョンに電話をかけて最後まで自首を勧めたがジェギョンは冷ややかなほほ笑みでヒギョンに鉄砲を打って視聴者を驚愕させた。

結局自分の手でジェギョンの悪事を現われるようにしたヒギョンは容赦さえ求めないジェギョンの姿に絶叫しながら怒った。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-