さらに成熟した演技力を披露すると期待

女優ソン・テヨンが朝鮮TV新ドラマ『炎の中へ』への合流を確定した。

ソン・テヨンのドラマ出演は昨年8月の『最高だ、イ・スンシン』以降、約5ヶ月ぶりだ。そして時代劇への出演は今回が初めてとなる。

劇中ソン・テヨンはヒロインのクミコ役を担って、チェ・スジョンと息を合わせる。クミコは華やかな美貌と話術はもちろん気さくな性格まで兼ね備えたが、愛する男テヒョンだけは手に入れることができなかった悲運な女性だ。

芸能界を代表する人妻スターのソン・テヨンは、最近結婚前よりもさらに活発な活動を見せて注目を浴びている。既存の清純で洗練されたイメージから抜け出し、様々なキャラクターに挑戦して女優としての地位を固めていきつつある。

特に今回の作品を通じて、悲恋の女性であるクミコという人物を消化し、さらに成熟した演技力を披露すると期待されている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-