今まで悩んできたそれぞれのキャラクターに対して意見を交わす

2PM/テギョン:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

KBS2新週末ドラマ『本当に良い時代』チェ・ファジョンとテギョンが一風変わった母子の存在感を発揮する、尋常ではない2ショットを披露した。

テギョンは、劇中それぞれ単純で無知な男らしい男であり、熱血漢のボディーガードカン・ドンヒ役を、チェ・ファジョンは豚足屋を運営するハ・ヨンチュン役を担った。写真には、チェ・ファジョンの肩をつかんで怒るテギョンと、田舎のおばさんに変身して手で自身の顔を隠しているチェ・ファジョンの姿が入れられた。それぞれ違った姿で現場に存在感をアピールした2人の熱演が関心を集めている。

初めての撮影でテギョンとチェ・ファジョンの2人は撮影現場に登場し、お互いに嬉しそうに挨拶を交わして、今まで悩んできたそれぞれのキャラクターに対して意見を交わした。引き続き撮影が始まると、すぐにテギョンはカン・ドンヒの姿に急変、自身を出迎えにきたハ・ヨンチュンに向かってキツイ言葉をはいて渾身の演技力を披露した。悲しくテギョンを眺めるチェ・ファジョンと、そのような姿を見て激怒するテギョンの独特な対立状態が現場を盛り上げた。

テギョンは「問題ばかり起こすボディーガードで、口より先に手が出るカン・ドンヒを演じ切るため、周辺の多くの方々と絶えず話し合いながら熱心に準備した。ドラマの全体的な流れを探すために最善を尽くしている」と感想を明らかにした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-