和気あいあいな撮影場の雰囲気を披露した

女優パク・ハンビョルが自分が出演中のSBS連続ドラマ「大切に育てた一人の娘」側に旧正月のプレゼントを贈った。

パク・ハンビョルは最近「大切に育てた一人の娘」のスタッフ及び演技者の先輩・後輩たちのために旧正月のプレゼントとして約100着のダウンジャンパーをプレゼントした。

「大切に育てた一人の娘」の製作陣は「パク・ハンビョルが視聴率連日上昇勢の中、作品に対する愛情と主人公としての宣伝の念を押してスタッフたちと先輩・後輩の俳優たちを思う気持ちでダウンジャンパーをプレゼントした」と明らかにした。引き続いて「休む間もなしに続く撮影スケジュールの中で作品のために労力する先輩・後輩の俳優たちとスタッフたちに感謝の気持ちを伝えるためにパク・ハンビョルが細心に選んだプレゼントに皆が喜んだ」と付け加えた。

製作陣が公開した写真の中でパク・ハンビョルは先輩・後輩の俳優たちと自分がプレゼントしたダウンジャンパーを着て明るく笑っていて和気あいあいな撮影場の雰囲気を披露した。

パク・ハンビョルは「低くなった気温の中で徹夜の撮影をして寒さに苦労する俳優たちとスタッフたちのために特別な贈り物をしたくて悩んでいる途中、旧正月を迎えダウンジャンパーをプレゼントするようになった。みんなが喜んでくださって私がもっと嬉しい」と伝えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-