ドイツベルリンで開かれる「第64回ベルリン国際映画祭」フォーラム部門で特別上映される

「雪国列車(邦題:スノーピアサー)」が世界3大映画祭の中の1つのベルリン国際映画祭に公式に招請された。

「雪国列車」は2月6日から16日までドイツベルリンで開かれる「第64回ベルリン国際映画祭」フオーラム部門で特別上映される。

このフオーラムは世界の主流の映画界に対応する独創的で実験的な映画を紹介する部門で先立ってキム・テヨン監督「晩秋」(2011)、キム・ジュンヒョン監督「棘」(2012)などが招請された。引き続き関係者は「『雪国列車』は韓国とフランスで公開以後、海外でも良い成績を出している。2月7日、日本を始まりに中国、ドイツ、イタリアなど主要の国々で公開を控えている。今回のベルリン国際映画祭公開がもっと熱い関心を受けるようになるきっかけになるように思える」と伝えた。

「雪国列車」はベルリン国際映画祭で2月7日、8日両日で上映される予定だ。ポン・ジュノ監督を含んで主演俳優ソン・ガンホ、コ・アソン、ティルダ・スウィントン、ジョン・ハートらが映画祭を訪れる。彼ら以外にも映画製作に参加したパク・チャンウク監督とオフィスピクチャーズイ・テホン代表、CJ E&Mチョン・テソン映画事業部門長らが現場の雰囲気を満喫する計画だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-