演技、音楽、デザイン…マルチな方面で韓流ブームを巻き起こす

人気バンドFTISLANDのイ・ホンギが音楽や映画、ネイルアート、ファッションデザインなど様々な方面から“マルチ韓流スター”として注目されている。

歌手兼演技者として海外で注目される場合は多いが、イ・ホンギは様々な分野で同時多発的にヒットを飛ばしている。

イ・ホンギは今月10日、ミュージカル俳優として日本人ファンに会う。東京bunkamuraオーチャードホールで上演されるミュージカル『VAMPIREヴァンパイア-愛と憎しみの果て-』がその舞台だ。開幕公演はすでに全席完売した。ミュージカルの休息日である15日には「2014 a-nation」、16〜17日「SUMMER SONIC 2014」など日本を代表するロックフェスティバルに相次いで出演し、9月14日「イナズマロック フェス 2014」にも参加する。

イ・ホンギがクリエイティブディレクターとしてデザインから製作全般を指揮するファッションブランドSKULL HONGは、6月のローンチ直後からインターネットを通じてアジア各国で販売がなされている。所属事務所FNCエンターテインメントは「ジュエリー、カバン、Tシャツなどオーダーメイド製作も多く、予約販売をしている。注文が殺到して少なくとも2週間以上は待たなければならない状況。日本はもちろん中国、台湾、香港など中国語圏でも反応が非常に良い」と話した。

イ・ホンギは昨年、男性ネイルアートブック「FTISLANDのイ・ホンギ-NAIL BOOK ネイルブック」を発刊し、日韓両国でベストセラーを記録した。特に昨年12月に開かれた日本ネイルアートアワードでは、外国人として最初に受賞した。

イ・ホンギは秋からは再び映画とドラマで韓流ブームを継続する予定だ。アメリカの小説家バーバラ・オコーナー原作の映画『犬どろぼう完全計画』にキャスティングされ、10月に放送するSBS週末ドラマ『モダンファーマー』にも出演する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-