男女共に惹きつけるMV

ガールズグループ4Minuteのヒョナが、大胆なパフオーマンスで次世代のセクシークイーンにそびえ立った。

キューブエンターテインメントは各種音楽サイトとYouTubeチャンネルを通じて、ヒョナのソロアルバムのタイトル曲「赤いです」のミュージックビデオを公開した。公開されたミュージックビデオは申年のヒョナを隠喩的に象徴する猿の登場で始まった。その後ヒョナは人魚姫、バニーガール、キャットウーマン、エジプトの姫など様々な衣装を自分だけの魅力で着こなした。

今回のミュージックビデオは男性ファンだけを狙ったものではない。約16着の様々な衣装は、女性たちに様々なスタイリングを間接体験させることで、見る面白味を倍増させた。

「赤いです」のミュージックビデオでヒョナは、特有の強烈なエネルギーを発散した。「猿のお尻は赤く、真っ赤なのはヒョナ」という中毒性の強いリフレインも面白い。ワンカットごとに引き込まれるシーンを演出した。キャットウーマンからクレオパトラまで様々な女性像に変身するヒョナは、今回も独特なオーラをミュージックビデオに表わしたという評価を得ている。

自信あふれる大胆なダンスも印象的だ。彼女は胸とお尻を利用するポイントダンスを堂々と魅力的に表現し、歌詞に合うヒョナの表情演技もまた注目を集めた。

ブラック、ゴールド、ホワイト、レッドなど強烈な色感は「猿のお尻は赤く、真っ赤なのはヒョナ」という歌詞と一体感を成し遂げ、強烈な印象を届けた。

ヒョナは数多くのガールズグループが溢れる熱い夏の歌謡界で、グループではなくひとりで大衆の前に立った。それでも屈しないカリスマでキム・ワンソン、イ・ヒョリからつながる次世代セクシークイーンの誕生を実感させた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-