「人生で最もドキドキした瞬間は『群盗』を撮影した時」

カン・ドンウオンが“スペインの男”として帰ってきた。

カン・ドンウオンはスタースタイルマガジン「HIGH CUT」を通じて、スペインでのスペシャルグラビアを公開した。今回の撮影は、スペイン・カタルーニャ地方の中世の村と海岸で進行された。絵画のような景色を背景にカン・ドンウオンの美しさと補正の必要がない非現実的なスタイルが注目を浴びた。

グラビア撮影と共に進行されたインタビューでカン・ドンウオンは、今月23日に公開する期待作『群盗』の撮影エピソードと俳優としての覚悟などを語った。

『群盗』の絶対悪チョ・ユンを演じたカン・ドンウオンは「この映画で僕の役割はアクションだ。アクション商業映画で俳優が上手くやれば上手くやるほど撮れることが多くなる。それなら僕がアクションチームより上手にすれば良いということだ。それが僕の目標だった」と明らかにした。

彼はチョン・ドゥホン武術監督が韓国で刃物を一番上手く扱う俳優だと評価したことに対し、「それは多分違うと思う。なぜならチェ・ミンス先輩がいらっしゃる。もちろん練習をたくさんした。最後にアクションチームとして一緒に練習してくれた友達がこう言った。『もう真剣で稲束を切る時になったようだ。兄さんなら切れるだろう』と言った」と伝えた。

「人生で最もドキドキした瞬間はいつだったか」という質問には「最もドキドキした時はやはり『群盗』を撮影する時だった。撮影が全て終わった時に涙が出たことは一度も無く、『群盗』が初めてだった。最後の撮影が終わって打ち上げをする時だったが、監督が映像と写真を見せてくれた。それを見ていて、どれほど涙が流れたか。あの時が一番ドキドキした瞬間ではないか」と回想した。

カン・ドンウオンは『群盗』の他にも映画『ドキドキ私の人生』の撮影を終え、9月の公開を待っている。早老症にかかった老いた息子を育てる疲弊した若い父の役で、ソン・ヘギョと夫婦演技を見せた。

カン・ドンウオンは同映画のキャスティング秘話を公開し、「当時(ソン・ヘギョさんは)すでにキャスティングされている状態であり、プライベートな席で次の作品でこの映画をするという話を聞いた。面白いと思ってシナリオを読みたいと言って貰った。結局、参加できるようになった。この映画ができるように助けてくれた女優に感謝する」と話した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-