「周囲に被害、番組に被害…精神的な負担があった」

男性グループSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のヒチョルが、総合編成チャンネルJTBC「ソル戦」を離れる。

ヒチョルは今月14日午後に進行された収録を最後に、「ソル戦」から降板した。昨年9月に投入されてから10ヶ月での降板だ。

ヒチョルは「ソル戦」の降板事実を同日、自身のインスタグラムを通じて自ら知らせた。「『ソル戦』の最後の収録を無事終えた。甘くほろ苦い」として、ヒチョルは今までの放送で同僚芸能人を言及することに精神的プレッシャーがあったことを告白した。

ヒチョルは「周辺の人々を番組で話すというのは本当に大変だった。番組をしようとすれば周辺に被害を与えることになり、周辺をかばおうとすれば番組に被害を与えることになった。冷静になれなかった。結局、悩み抜いた末『まともにできないなら降板しよう』という精神的な負担を『ソル戦』チームに話した。『ソル戦』チームも僕の悩みがどういうものかよく理解してくれて残念がった」と明らかにした。

最後にヒチョルは「視聴者たちと僕の言葉に傷ついた方々、申し訳ないという言葉で全てを水に流すことはできませんが、その全てを一生胸に抱えて言葉に気を付けて、さらに気を付けてテレビに出ます」と伝えた。

以下、ヒチョルがインスタグラムに残した降板の感想だ。

「ソル戦」の最後の収録を無事に終えました。甘くほろ苦いです(^-^)

周辺の人々を番組で話すというのは本当に大変でした。番組をしようとすれば周辺に被害を与えることになり、周辺をかばおうとすれば番組に被害を与えることになって。「冷静になろう。言葉に気を付けよう」と撮影前はいつも念を押して挑んだのですが、これが本当に冷静にはなれませんでした。

結局、悩み抜いた末『まともにできないなら降板しよう』という精神的な負担を『ソル戦』チームに話しました。『ソル戦』チームも僕の悩みがどういうものかよく理解してくれて残念がってくれました。

視聴者の方々と僕の言葉に傷ついた方々、申し訳ないという言葉で全てを水に流すことはできませんが、その全てを一生胸に抱えて、言葉に気を付けてさらに気を付けてテレビに出ます。32歳で分別がつくという言葉は恥ずかしいですが、より一層成長するヒチョルになります。申し訳ありません。ありがとう。愛しています(^-^)

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-