現地メディアからも注目

バンドFTISLANDがフランスのパリでの初めてのコンサートを盛況裡に終え、ヨーロッパ-南北アメリカツアーの華麗なる幕を上げた。

FTISLANDは17日(日本時間)、フランス・パリのラ・シーガル(LA CIGALE)で最初のヨーロッパ-南北アメリカツアー「2015 FTISLANDFTHX TOUR」の公演を開催した。

リーダーチェ・ジョンフンの甘いピアノ演奏で公演開始を知らせたFTISLANDは「MADLY」、「Love Love Love」、「Severely」、「Hope」、「I wish」など全18曲をパワフルなライブで披露して、ヨーロッパファンたちの心を捕らえた。

地元パリのファンは、すべての曲を流暢な韓国語で歌ってメンバーを驚かせるにとどまらず、「STAY」を歌っている間に「Always with FTISLAND」と書かれた黄色のバナーを振るというイベントでメンバーを感動させた。

ファンたちの熱い愛にFTISLANDメンバーらの特級ファンサービスも続いた。ベーシストのイ・ジェジンとドラマーチェ・ミンファンは単独演奏を披露したかと思ったら、曲の途中でイ・ジェジンとギタリストソン・スンヒョンが楽器を変えてポジションを交換するなど、これまで見られなかったサプライズステージをプレゼントした。ボーカルのイ・ホンギは即座にファンに聞きたい歌を選曲させ予定になかった「Bad Woman」を熱唱しただけでなく、フランス語で現地ファンたちとのコミュニケーションを試みた。

FTISLANDのフランス・パリ公演が成功裏に終わるということはすでに予測されたことだった。フランスの現地メディアKAVENYOUは、「FTISLANDフランス公演はチケット販売店であるFnac.comのコンサート部門で最短の期間内に完売した公演1位、全体公演部門では2位になった」とチケットパワーについて言及した。

また初日公演に先立ち、現地の有力メディアであるJ-one TVとのインタビューをはじめ、20社以上の現地メディアの取材要請を受けた。これらはバンドとしてのFTISLANDの音楽性はもちろん、日本で韓流を主導している点など、韓流全般について深い関心を示した。J-one TVはFTISLANDとのインタビューを特別編成して放送する予定だ。

FTISLANDは引き続き、24日チリのサンティアゴ、26日メキシコシティ、29日アメリカ・ニューヨーク、31日LAで「2015 FTISLAND FTHX TOUR」を行う。