韓国アイドルグループ「THE BOYZ」が、ネット配信中にメンバーをいじめているかのようなシーンが映し出され物議を醸したが、これは「新型コロナウイルス感染対策」とすぐに解明した。

 去る20日、オンラインコミュニティには「きょうVLIVE中に問題となったアイドル」というタイトルで投稿文が掲載された。

 投稿者はボーイズグループ「THE BOYZ」のVLIVE映像を掲載した上で、「メンバーのチュ・ハクニョンがいじめに遭っているようだ」と主張した。

 映像を見ると、ネット配信を通じてファンとメンバーが会話する中、チュ・ハクニョンが部屋の隅に移動し「僕は、ここにいた方がいいね」と言うと、メンバーのニューが「部屋に行って」と言い放った。

 これに、チュ・ハクニョンが「どうして?僕のことを向こう(の部屋)に追いやりたいの?」とコメントすると、ニューはスマートフォンを使ってチュ・ハクニョンにメッセージを送信、さらに「部屋にある人形と遊んでて」とチュ・ハクニョンを現場から離れさせるような場面が映し出された。その後、チュ・ハクニョンはその場を離れていった。

 この動画を見たネットユーザーらは「チュ・ハクニョンを仲間はずれにしているのでは?」といじめ説を提起。これがネット上で拡散すると、21日未明、チュ・ハクニョンとニューがネット配信を通じて疑惑を解明した。

 チュ・ハクニョンは「他のメンバーがVLIVEを配信中だったため、そのようすを見て(自分も)ライブに映ろうと部屋に入った。僕が後方に席を用意しようとしたら、事務所関係者からスマホメッセージが届き、『(新型コロナウイルス感染防止のため)注意しなければならない時期だし、5人以上が狭い空間にいるのは心配だ』と言われ、メッセージをグループチャットに転送してニューにも見せた。その後、非公式のスケジュールも控えていたため、メッセージを公に見せることはできなかった」と説明。

 また、ニューも同件について「チュ・ハクニョンは配信の途中で、別スケジュールのため(宿舎を)出なければならず、そのスケジュールはまだ非公開のものだったため、お伝えできなかった」とし、「僕たちも(いじめ説に関して)非常に困惑した」と言及した。

 こうしてファンが心配した「いじめ疑惑」は、「新型コロナウイルス対策により、大勢で集合することができなかったから」と明かされ、一件落着した。