韓国俳優キム・ヨングァンがラジオPDに変身する。

 所属事務所Wide-S Companyは23日、「キム・ヨングァンがクァク・ジェヨン監督の映画『ハッピーニューイヤー』にキャスティングされた」と明らかにした。

 「ハッピーニューイヤー」はそれぞれの事情を抱えてホテル「エムロス」を訪れた人々がそれぞれの方法で自分だけの縁を作っていく物語を描く作品だ。

 これに先立ち、女優ハン・ジミン、チョン・ジンヨンらが出演を確定し、キム・ヨングァンはハン・ジミン、コ・ソンヒと演技アンサンブルを披露する。キム・ヨングァンは劇中、ラジオPDに扮して、予期せぬ事件を迎えて劇の一軸を担当する。

 ロマンスが加味されたキャラクターを演じるキム・ヨングァンは、自身の代表作である「君の結婚式」のキャラクターを超えて、新しい魅力と演技力を誇るという覚悟だ。

 一方、「ハッピーニューイヤー」は19日、初撮影に突入した。感性映画の職人と呼ばれる「猟奇的な彼女」、「ラブストーリー」などのクァク・ジェヨン監督がメガホンを握った。