アイドルグループ「SEVENTEEN」のホシが男性ファッション誌「Esquire」5月号の表紙を飾った。

ホシ(SEVENTEEN)はきょう(23日)男性ファッション誌「Esquire」5月号を通じて、幅広い魅力を発散し、多くの人々の耳目を集中させた。

 画報でホシはオールブラックのスタイリングとカリスマあふれる眼差しでシックな魅力を倍加させており、ブラック&ホワイトの衣装ですっきりしながらも強烈な印象を残した。また、優れた比率が引き立つ全身カットでは、洗練されたムードを加減せず披露しただけでなく、ダイナミックな動作も余裕を持って消化し、“トレンディパフォーマー”の威厳を示した。

 その後のインタビューで、ホシは4月2日に公開した1stソロミックステープ「Spider」について、「初めてのソロ曲なのでうまくやりたいという気持ちが大きかった。僕がSEVENTEENでパフォーマンスチームのリーダーを務めているので、ダンスだけは譲歩したくなかった」とし、完成度の高いステージが誕生するしかなかった背景について語った。

 ホシは日々新記録更新を続けている「SEVENTEEN」の原動力について、「粘り強さ」と「チームワーク」を挙げた。 彼は「僕たちはいつも“初心を忘れないように”と話している。真心を尽くせばわかるし、ファンはそれに気付いてくれる」とし、チームワークの秘訣については「理解と尊重と配慮。違うことを理解してチームを優先する気持ちだ」と率直な話を伝えた。

 「Esquire」と初めて呼吸を合わせたホシは、撮影と同時に巧みにポーズを取るプロフェッショナルな姿を見せると同時に、特有の明るいエネルギーで雰囲気を和気あいあいとさせ、現場のスタッフを驚かせたという。

 ホシの画報とインタビューは「Esquire」5月号で見ることができ、画報撮影に臨むホシの様々な姿が収録された映像コンテンツは「Esquire Korea」YouTubeチャンネルで確認できる。

 一方、ホシが所属する「SEVENTEEN」は来る27日、JAPAN 3RD SINGLE「ひとりじゃない」発売記念スペシャルトークショーと日本スペシャルオンラインファンミーティング「SEVENTEEN 2021 JAPAN SPECIAL FANMEETING ‘HARE’」を開催する。