韓国ガールズグループ「BLACKPINK」が全世界の女性アーティストの中で、初めてYouTubeチャンネル登録者数6000万人を突破した。
【動画】「BLACKPINK」–;;;「Lovesick Girls」M/V

 YGエンターテインメントによると「BLACKPINK」のYouTubeチャンネル登録者数は13日午前6時ごろ、6000万人を超えた。デビューしてから5年で成し遂げた大記録であり、韓国のYouTubeチャンネルでは初めてで最高の数値だ。

 「BLACKPINK」はすでに昨年7月、ポップスターのアリアナ・グランデを超えて、最も多いYouTubeチャンネル登録者数を確保した女性アーティストになった。それから3か月の間にエミネムやエド・シーラン、DJマシュメロを引き離し、ジャスティン・ビーバー(6200万人)を残すのみとなった。

 当時、ジャスティン・ビーバーと900万人だった差は200万人差に縮まった。特に、2009年にデビューし、約11年間で6000万台に達した彼と比べれば、「BLACKPINK」のYouTubeチャンネル登録者数の増加傾向は圧倒的だ。世界アーティスト1位の座につくのが、現実味を帯びてきたわけだ。

 「BLACKPINK」は新曲を発表するたびに、数百万人の新しいYouTubeチャンネル登録者数を集めた。レベルの高いミュージックビデオ(MV)やパフォーマンス映像などが人気を博し、これまでYouTubeに掲載された「BLACKPINK」コンテンツの累積再生回数は、計170億回以上。15億再生を突破した「DDU-DU DDU-DU」MVをはじめ、27本の億台ビューの映像がこれを裏付けた。

 YouTubeがグローバル音楽市場の勢力図の変化をリードしている立役者であることを考えれば、大変意味深い指標となっている。YouTubeチャンネル登録者数は、コンテンツへの単なる好奇心やその場限りの視聴ではなく、忠誠度の高いファンらの地道な関心や期待を表す証に他ならないからだ。これを通じて、自然に影響力を発揮するMV再生数や音源のストリーミングは、米ビルボードなど、さまざまなグローバル主要チャートにも影響を及ぼす。

 一方、「BLACKPINK」メンバー個人の存在感も大きくなっており注目される。JENNIE(ジェニー)に続き、「BLACKPINK」のソロプロジェクト2番目の走者であるROSE(ロゼ)は最近、世界51の国と地域のiTunesトップソングはもちろん、米ビルボードグローバル1位を獲得した。ROSEの次にLISA(リサ)のソロ活動も予告されただけに、「BLACKPINK」の破竹の勢いは続くものと見られる。