韓国ボーイズグループ「BTOB」のリーダー、ソ・ウングァン(30)がイ・チャンソプ(29)の“7ジェスチャー”問題に対し謝罪した。

ウングァンは27日、Instagramを通して同件について言及した。

 「BTOB」は昨年末、チョン・イルフン(26)が麻薬容疑でグループを脱退し、6人組に再編された。だが、去る23日に開かれたコンサートで、メンバーのチャンソプが数字“7”を手で表示し、物議を醸した。“7”がグループを脱退したイルフンを含めたメンバー数を意味するのではと推測され、常習麻薬容疑で脱退した彼を擁護していると指摘されたからだ。

 以下はウングァンが掲載した全文。

こんばんは! 事件が起こってあまり時間も経っていないのに、また皆さんの心を痛めてしまったようで、グループのリーダーとして、そしてソ・ウングァンとして、こうして胸の内を表にしたくて文章を書きます。

まず、今回のコンサートでの僕らの行動と言葉で傷つかれた方々に心より申し訳なく思っています。大変申し訳ございませんでした。

まだ癒えていない傷を抱えたままコンサートを見て、力を出して再スタートしようとするその気持ちがよく分かっているから、より申し訳ない思いです。

正直、私は、ただ笑って黙々と懸命に活動したら、だんだん鈍くならないだろうか、良くならないだろうかという考えで臨みましたが、「Our Concert」が流れた瞬間、本当に多くの感情が込み上げてきて、いろんな思いにかられました。そして、涙を拭って堅く決心して放った「BTOBは永遠だから」という言葉に最後まで責任をとって、常にいまのBTOBに心から尽くしていくので、11月、6人の完全体が来るその日まで、そして笑って会えるその日まで、これからもぜひ互いに力となって幸せになれるよう、懸命に進んでいくことを願いながらベストを尽くして歌います! 

いつもそうしていたように、メロディー(ファンのこと)! 心からありがとう、愛しています。