韓国女優チェリム(41)が夢について言及した。

 チェリムは6日、SNSに「15歳、明るい夢をもって生きる年齢で職業ができてしまった」と投稿。

 続けて「いつも私の学生時代に対する残念な気持ちは残っていて、いまの仕事でなければ、私は何をする人になっていたのだろうか?好奇心がずっと付きまとった」とし「その好奇心を取り払おうと傷を負うこともあったが、(好奇心を)止めなかった」と明かした。

 また「何でも簡単に手に入れることは容易ではないということを知ってしまった私は、大人だから」とし「そして、母親だから」と綴った。

 これと共に公開した写真でチェリムは、マスクを付けて何かに集中している。チェリム特有の大きな目と変わらない美貌がマスク越しからも伝わってくるようだ。

 一方、チェリムは中国人俳優のガオ・ズーチー(39)と結婚6年目で離婚を発表した。