韓国俳優コン・ユとパク・ボゴムが出演する新作映画「徐福」が12月の公開を確定した。

 CJエンターテインメントは21日、「徐福」の12月封切りのニュースを伝え、1次ポスターを公開した。

 映画「徐福」は、人類初のクローン人間”徐福(ソボク)”を極秘裏に動かす生涯最後の任務を担うこととなった要員=キホンが、”徐福”をめぐって複数勢力から追跡される中で特別な同行を通して予想もできない状況に巻き込まれていくストーリー。

 今回公開された1次ポスターは、相反する状況に引き込まれていく2人の男の姿をそれぞれ表現している。

 韓国国内はもちろん、アジア全域から熱い関心が向けられている映画「徐福」は、2012年公開当時にメロ映画歴代最高の興行スコアを記録し、”初恋シンドローム”を巻き起こした映画「建築学概論」のイ・ヨンジュ監督がメガホンをとることから、より注目を浴びている。