TvNドラマ「キム秘書がなぜそうか?」が放送終了当日を迎えて、俳優とスタッフが一堂に集まって打ち上げを楽しんだ。

「キム秘書がなぜそうか?」は、26日午後8時、ソウル汝矣島(ヨイド)のある飲食店で打ち上げの時間を持った。6月6日の初放送以来、7%を超える視聴率と高い話題性、視聴者の好評を博したドラマの最後を共にするためだ。

俳優たちも嬉しく参加した。パク・ミニョンは、ホワイトのシャツにジーパンというラフなカジュアルファッションで登場した。「キム秘書がなぜそうか?」で、粹で優雅なオフィスルックを流行させたパク・ミニョンは、打ち上げではより気軽でラフなセンスを誇った。

パク・ソジュンもスーツを脱ぎ捨てた。「キム秘書がなぜそうか?」でグラビアのようなスーツファッションを披露したが、打ち上げではブラウンのTシャツにベージュのパンツでイケメンファッションの定番を見せた。ファンが手渡した花より美しいパク・ソジュンだった。

「キム秘書がなぜそうか?」は、パク・ソジュンとパク・ミニョンの胸キュンロマンスとともに助演の味のある演技で人気を高めた。打ち上げもファン・チャンソン(2PMチャンソン)、イェウォン、イ・テファン、かン・ホンソク、キム・ビョノク、ファン・ボラ、ピョ・イェジンらが朗らかな表情で最終回を祝った。

パク・ジュンファ監督が演出したこの作品は、富とビジュアル、手腕まですべてを備えたナルシシスト副会長イ・ヨンジュン(パク・ソジュン)と彼を完ぺきにサポートしてきた秘書キム・ミソ(パク・ミニョン)のロマンスを盛りこんだ。