韓国ガールズグループ「TAHITI」出身で女優のアリが、「SUPER JUNIOR」リョウクとの交際を認めた中、拡散している”疑惑”について釈明した。

 アリは30日、SNSを通して「皆さんに不快な思いをさせたことを謝罪し、誤解については解明しようと思い投稿することにした」とした上で、「これまでの私の失敗により、皆さんの気持ちを傷付けてしまい本当に申し訳なく思っている」と記載。

 続いて、自身が働くカフェについて「カフェのアカウントは広報に役立たせるため開設したものだが、意図とは異なり多くの方々を不快にさせてしまい、申し訳ない」とし、「カフェでのアルバイト経験があり、私が先に表に出てかわいく(カフェを)作りたいという思いだったが、その方(リョウクを指す)が私のためにカフェを準備してくれたわけではなく、カフェの収益も私のものではない点をお伝えしたい」と明かした。

 特に、アリは”新天地(新天地イエス教証しの幕屋聖殿/新宗教団体)信者”とのうわさについて強く否定した。

 同件についてアリは「私はキリスト教信者であり、新天地(信者)ではない」とうわさを否定。「私だとして投稿されたキャプチャの女性は、私ではない。2年前、知り合いの先輩からラジオに出演してほしいと頼まれた。そのラジオは「天地日報」による番組だったのだが、そのメディア(天地日報を指す/天地日報とは、特に文化や宗教に力を入れているメディア)が新天地と直接的な関係があるかどうかについては、現時点でもはっきりわからない」とした上で、「誤解を与えることとなり、申し訳ない」と謝罪した。