「BTS(防弾少年団)」が全世界のファンたちの熱い愛に報いるためにデジタルシングル「Dynamite」の追加リミックスバージョンを発売する。

所属事務所は18日0時(以下韓国時間)のファンコミュニティプラットフォームに「『BTS』が18日午後1時に全4曲の『Dynamite』追加リミックスバージョンを公開する」と発表した。今回新たに公開されているリミックス音源はスロージャム(Slow Jam)、ミッドナイト(Midnight)、レトロ(Retro)、ベッドルーム(Bedroom)など計4つのバージョン。

先に公開されたアコースティック(Acoustic)、EDM、トロピカル(Tropcial)、プールサイド(Poolside)リミックスが明るくて楽しい雰囲気の「デイタイム」のバージョンであれば、追加リミックス音源は夜遅く落ち着いて快適に楽しむことができる「ナイトタイム(NightTime)」の雰囲気だ。

「BTS」は、新型コロナですべてが大変な時期に活力と希望を伝えたいという願いを込めた「Dynamite」で全世界で爆発的な人気を得ている。

先月21日に公開された「Dynamite」は、発売初週の成績が反映された米国ビルボードのシングルチャート(9月5日付)で韓国歌手としては初めて「ホット100」1位を占め、2週連続トップを守った。 3週目(9月19日付)も2位に名前を上げて、全世界に吹いている「Dynamite」ブームを立証した。併せて、世界最大の音楽ストリーミングSpotifyも発売当日「グローバルトップ50」1位を握り、9月16日付のチャートでも4位に上がって最上位圏を維持した。

特に「BTS」は、米国内の「Dynamite」の旋風的な人気を立証するように、米国の著名な放送に相次いで出演している。先月24日、NBCの人気トーク番組「TODAY Show」とのインタビューをはじめ、有名音楽番組「MTV Fresh Out Live」、NBC「トゥデイショー」のサマーコンサートシリーズ「2020 Citi Music Series」、NBCの有名オーディション番組「America’s Got Talent」でそれぞれ「Dynamite」の舞台を披露した。

「BTS」は19日、大規模な音楽祭「iHeartRadio Music Festival」にも出演して「Dynamite」の舞台を広げる予定だ。