Twitterに意味深なメッセージ

KARAのメンバーハラが自身を取り巻く噂に対する立場を表明したのだろうか。

去る3日午後、ハラは自身のTwitterに「余計な人に構わないで〜」という文を掲載した。前後の事情説明なしの短い文で、個人的な伝達内容なのか、公に知らせたかった内容なのか、曖昧な状況である。しかしこれにより、オンライン上ではハラに対する雑音はより一層熱くなった。巷に流れたハラの噂に、本人が直接解明したという意見が提起された。

最近、イニシャルで某ガールズグループのメンバーの私生活を具体的に言及した記事が報道され、その記事にはハラを連想させる情報はないが、記事に接した人は記事の主人公はハラではないかと推測し、どんどん広がっている。