「音楽性」にスポットライト

アメリカ・ビルボードがバンドFTISLAND(エフティーアイランド)のニューアルバムに焦点を当てた。

ビルボードは最近、「FTISLAND、まもなく発売のアルバムと、彼らをそばで見守るファンについて語る(FTISLAND Talk Upcoming Album&How Their Fans Stayed For the Ride)」というタイトルのコラムを掲載した。

FTISLANDの初のヨーロッパ南北アメリカツアー「2015 FTISLAND FTHX Live」のニューヨーク公演を好評したコラムの掲載に続き、またしても彼らの音楽的アイデンティティに関する深いインタビューを掲載して関心を表した。

去る1月28日に、ニューヨークのベストバイシアターで開催された公演を控えて行われたインタビューでFTISLANDは、コンサートや新しい音楽、ファンに関して率直な話を伝えた。

ボーカルのイ・ホンギは「今回のツアーを通して、馴染み深いけれど、今までやってきたものとは違った姿を見せようとした。これが本当のFTISLANDの姿だ」とし「僕たちが初めて訪れる所なのにファンのみんなが僕たちと僕たちの音楽に対して知っているということはすごく不思議だったけど、ファンのリアクションは本当に素晴らしかった。僕たちを愛してくれるファンが居るならどこにでも行きたい」とツアーへの思いを打ち明けた。

また、「今日のニューヨーク公演でお見せするパフォーマンスは、今後発売するアルバムを代表するものだと言える。アルバムの大部分を含んでいる。アルバム収録曲の一つ一つは僕たちにとってすごく意味がある」と明らかにし、ニューアルバムに対する期待感を高めた。

デビュー8年目に入ったFTISLANDは、多くの紆余曲折があったことを認めながらも、「皆が一緒にいてくれたから、乗り超えることができた」と述べた。特に、「デビュー初期は、僕たちのルックスだけを好きだったファンが多かったことを知っている。でも今は、僕たちの歌と音楽の能力、そして可能性を信じてくれるファンがたくさんいると信じている」とし「いつも僕たちを信じてくれるファンに感謝したい。絶対にファンのみんなを失望させない」という言葉でインタビューを終えてファンへの愛を表現した。