「見る方々も拒否感なしに可愛く見て頂ければ嬉しい」

イ・ヒョヌがキム・スヒョンと呼吸を合わせる過程で心配した部分を打ち明けた。

イ・ヒョヌはソウル東大門(トンデムン)MEGA BOXで開かれた映画「隠密に偉大に」マスコミ試写会で「キム・スヒョン兄さんが僕にビニールを被せてくれる場面や2人が路地で抱き合っている場面は演出された場面だった。この場面が下手をすると少し汚なく見える可能性もあったのである線を守らなければならなかった」と明らかにした。

イ・ヒョヌは映画で北朝鮮最年少南派要員であると同時に貧困層地域高校生リ・ヘジンを演技した。5446部隊の伝説的な存在リュファンに憧れる人物でリュファンとヘランが南派された所へ出征命令まで受ける。純粋な高校生の顔で貧困層地域にしのび込むキャラクターだ。

劇中ではキム・スヒョンに対してイ・ヒョヌが憧れる気持ちを土台にした微妙な場面が登場する。イ・ヒョヌは「そんな場面を撮る時、スヒョン兄さんが上手く導いてくれた。現場でその線をとても上手く守った。見る方々も拒否感なしに可愛く見て頂ければ嬉しい」と言った。これに対してキム・スヒョンは「特別な事はなかったが現場にいる男性スタッフの目つきが変だった」と付け加えて笑いを誘った。

ポータルサイトDaumに連載されたHUN作家の同名WebToonを原作にした映画「隠密に偉大に」は町内馬鹿(キム・スヒョン)、ロッカー志望生(パク・ギウン)、高校生(イ・ヒョヌ)の北朝鮮最精鋭スパイ3人が韓国に隠れ住む話を描いた映画だ。韓国では6月に公開される予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-