「総理と私」の制作発表会が行われた

ソウル、中(チュン)区アンバサダーホテルのグランドボールルームではKBS 2TVの新月火ドラマ「総理と私」の制作発表会が行われた。

この日の制作発表会には俳優のイ・ボムス、少女時代のユナ、ユン・シユン、チェ・ジョンアン、リュ・ジンらが参加した。この日、ユナは劇中で女性記者役を演じることに関して「関心の対象になる立場でその対象を追いかける立場になった。感じがとても新鮮だ。ドラマの中では記者としてのシーンがあまりなく、記者について改めて考えている」と語った。

また、チェ・ジョンアンは「以前は年下なんて考えたこともなかった。でも年を取ってもメンタルは老いないらしいです。だから老いていないメンタル状態ならば年下の男も可能だと思う。性格自体が重要なので20才の年齢差ほどではないがひとまず年下の男の人への拒否感は減った」と打ち明けた。

一方、「総理と私」は頑固一徹の総理と彼と結婚したくてやきもきする20代の花ざかりの女性のコミカルロマンスを描く。韓国で今月9日から放送される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-