中心的キャラクターのインチョル役を演じるだろう

俳優のカン・ドンウオンが映画「良き友人」(イ・ドユン監督)で映画ヒットを狙う予定だ。

複数の映画関係者によると、カン・ドンウオンは早々に「良き友人」のシナリオを受けとり、出演を決めた状況だ。

「良き友人」はこれまで「雪国列車」等の大型作品を発表してきたOPUS PICTURESが準備する作品だ。学生時代から友人として友情を積み重ねた3人の男性の話で、お互いのための気遣いが犯罪につながり起きる事件を描いた。

3人のうちカン・ドンウオンはインチョル役を演じるだろうとのことだ。お互いの個性がはっきりしたキャラクターだがその中でもインチョルは荒っぽいが友人への気持ちが特別な人物だ。事件が予期せず動くことになる中心的キャラクターだ。

映画「良き友人」は「群盗:民乱の時代」に続くカン・ドンウオンの長編映画出演作で、今年12月のクランクインを目標に、現在シナリオ修正およびキャスティング作業の真っ最中だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-