「一つひとつ注意深く準備してファンたちにお聴かせしようと、熱心にした」

ガールズグループT-ARA(ティアラ)のウンジョンがダブルタイトル曲のひとつの「感じ分かるから」の編曲に参加した。

所属事務所コアコンテンツメディアによれば、ウンジョンはニューアルバムのダブルタイトル曲である「感じ分かるから」を書いたパク・ドクサン作曲家に編曲共同作業のオファーを受けて、アコースティックの編曲に臨んだ。

ウンジョンは所属事務所側を通じて「初めてT-ARAの音楽編曲に参加したが、作業する間学ぶ気持ちで楽しく臨んだ。一つひとつ注意深く準備してファンたちにお聴かせしようと、熱心にした」と感想を語った。

彼女は引き続き「今秋はアコースティックギターの旋律を聴いてほしい。ダブルタイトル曲「NUMBER NINE」と「感じ分かるから」どちらも好んで下さったら良いだろう」と付け加えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-