「まだホン・スヒョンとのロマンス演技が始まらなかった」

ソ・ジソクがホン・スヒョンとロマンス演技を広げるようになった感想を明らかにした。

俳優ソ・ジソクはソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区汝矣島(ヨイド)63ビル別館ジュニファールームで開かれたMBC新週末ドラマ「愛するのは自分のため」制作発表会で結婚後の変化に対して「実は撮影の序盤だからまだホン・スヒョンとのロマンス演技が始まらなかった」と答えた。

ソ・ジソクは「ホン・スヒョンとイ・サンヨプは元々恋人で、僕は今後にホン・スヒョンと恋愛関係がある。いまだに恋愛部分がなくて大きな心配はない。新婚だから心配は少しある。ホン・スヒョンがとても綺麗なのでやきもちを焼くのではないかと、そんな気がする」と打ち明けた。

ソ・ジソクは5月、5歳年下のフロリストと結婚して甘い新婚生活を楽しんでいる。

一方、イ・サンヨプとホン・スヒョン、ソ・ジソク、シン・ダウンらが出演する「愛するのは自分のため」は人生の夕暮れ(年をとって中年)期に新しいロマンスを夢見る人々とぶつかりながら成長して行く若者たちの愛、家族の話を盛り込むドラマだ。

「金よ出てこい、さっさと」の後続で韓国で9月28日より初放送される予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-