「多くの期待をお願い致したい」

俳優イ・ジェヨンとイ・ジョンヒョクがSBS水木ドラマ「主君の太陽」に特別出演する。

「主君の太陽」製作社によればイ・ジェヨンとイ・ジョンヒョクは劇中でチュ・ジュンウオン(ソ・ジソブ)が運営する複合ショッピングモールキングドムのライバル会社であるジャイアントモールのイ会長と彼の息子イ・ジェソク役でサプライズ登場する。劇中でイ会長(イ・ジェヨン)が急に死んでイ会長の葬儀場でイ・ジェソク(イ・ジョンヒョク)とチュ・ジュンウオン、テ・ゴンシル(コン・ヒョジン)が喪主と弔問客としてでくわすようになる。チュ・ジュンウオンとテ・ゴンシルがイ会長、イ・ジェソク父子の情を催して感動をプレゼントする予定だ。

イ・ジェヨンとイ・ジョンヒョクの特別出演は制作陣の投票で成立した。製作陣は複雑な感情線を演技しなければならないことはもちろん、それぞれカリスマあふれる面とハンサムな外見が裏付されなければならないイ会長とイ・ジェソク役を置いてイ・ジェヨンとイ・ジョンヒョクを名指しした。イ・ジェヨンとイ・ジョンヒョクも快く出演に応じて順調に撮影が進行したという話だ。

イ・ジョンヒョクは「最高の監督と作家、そして俳優たちが一緒にする良い作品にこんな風に出演するようになって嬉しい。楽しくて大変なのか感じずに撮影に臨んだ。熱心に演じたほど多くの期待をお願い致したい」と伝えた。

イ・ジェヨンとイ・ジョンヒョクが特別出演する「主君の太陽」は韓国で11日の夜10時に放送される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-