約1年ぶりにテレビドラマに復帰することになった

俳優チョ・ドンヒョクがKBS 2TV水木ドラマ「感激時代」に出演する。

KBSのドラマ関係者は「チョ・ドンヒョクが『感激時代』に出演する。撮影を準備中だ」と述べた。

「感激時代」は1930年代の中国、上海を背景に若者たちの愛と友情そして愛国にまつわるストーリーを描くドラマだ。チョ・ドンヒョクは劇中、大陸を放浪する日国会組織の第1人者シンイチ役を演じる。シンイチはシン・ジョンテ(キム・ヒョンジュン)の日本のライバルであるデグチ・カヤの最側近だ。男の中の男の魅力を持ったキャラクターだ。

これでチョ・ドンヒョクは昨年KBS 1TVの連続ドラマ「星も月もあげる」以来約1年ぶりにテレビドラマに復帰することになった。

「ブレイン 愛と野望」「星も月もあげる」に続き連続でKBSドラマに出演し、ヒットの不敗神話を継続するだろうと期待を集めている。

一方、「感激時代」にはチョ・ドンヒョクをはじめ、キム・ヒョンジュン、キム・ソウン、キム・スヒャン、チョン・ホビン、パク・チョルミン、イ・ソノ、チュ・タヨンらが出演し、韓国で11月から放送予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-