演技しながら僕も早く結婚して娘が欲しいという気がした

「もうそんな時期になったようです」イ・ジュンギが結婚に対する希望を明らかにして注目を集めた。

ソウル論硯(ノヒョン)洞コンベンションHERITZで開かれたMBC新水木ドラマ「Two Weeks」制作発表会でイ・ジュンギは「子役俳優と演技しながら我知らず父性愛を感じる」と言った。このドラマでイ・ジュンギは白血病にかかった娘の存在を知るようになった後、その娘を救うために孤軍奮闘するチャン・テサン役を引き受けて、子役俳優イ・チェミと父娘として呼吸を合わせる。

イ・ジュンギは「演技しながら僕も早く結婚して娘が欲しいという気がした。僕がそんな夢を持っていたのかと思うほどに子供が可愛らしい」と言った。

彼はまた、「どんな縁でいつ僕の娘に会うかも知れないが、結婚を夢見るようになった。感情移入のためでもあるがしきりに実際の状況が自然に描かれる。結婚をしなければならないのではないかと思う」と明らかにした。イ・ジュンギは「そんな時期になったようだ」とも話した。

引き続いて、「両親はお金をたくさん儲けて結婚しなさいとおっしゃるが、確かに30代に入りながら自然に結婚への気持ちがあった」と付け加えた。

一方、「Two Weeks」は「いとしのソヨン」「華麗なる遺産」など多くのヒット作を執筆したソ・ヒョンギョン作家と「個人の趣向」「がんばれ!クムスン」などを演出したソン・ヒョンソクPDのタッグで注目されている。イ・ジュンギ、パク・ハソン、リュ・スヨン、キム・ソヨン、チョ・ミンギ、キム・ヘオクらが出演する。韓国で8月7日に初放送予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-