長寿グループバックストリートボーイズと神話を比較

グループ神話がアメリカの時事月刊誌「The Atlantic」に長寿グループの代表的な事例に紹介された。

「The Atlantic」インターネット版は「バックストリートボーイズがK-POPから学ぶ点」というタイトルの記事でアメリカの20年次長寿グループバックストリートボーイズと神話を比較し、分析した。「The Atlantic」はバックストリートボーイズが「派手な過去」に閉じこめられて新しい音楽市場環境に適応することができなさを指摘しながら、これと対照される模範的な事例で神話を提示した。

この記事は「長い間愛されるグループの必須要素は賢明な自己認識だ」と言いながら神話がデビュー15年次アイドルにも関わらず、tvN「SNL コリア」などのプログラムで遠慮なく壊れる姿を見せてくれるという事実を伝えた。

引き続いて「バックストリートボーイズが神話から学ぶことができることはボーイズグループで『男』になるぎこちない時点を乗り越えることと投げられたジョークを受け入れること」と付け加えた。

バックストリートボーイズは1993年デビューした以来1億枚に近いアルバム販売高をあげたアメリカの代表ボーイズグループだ。

一方、神話は来月3、4日松坡(ソンパ)区オリンピック公園体操競技場で「2013 神話グランドフィナーレ・ザ・クラシック・イン・ソウル」公演を控えている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-