2ndアルバムに対するファンの期待はいつになく大きい

グループBEASTが19日に発売する2ndアルバムのタイトル曲「shadow」をはじめとするトラックリストを公開した。

先立ってBEASTは所属事務所CUBEエンタテインメントの公式SNSで1年ぶりに発売するCD「Hard to love,How to love」に収録された全曲のトラックリストをファンに公開し、カムバックへの期待を高めた。

「shadow」のようにBEAST特有のドラマチックな要素が加わった叙情的なダンスから、清涼感を見せるエレクトロニックリズムの「君は悪い」「アンコール」や、ソフトなヒップホップの雰囲気を生かした「How To Love」「BE ALRIGHT」まで多様なジャンルが含まれており、一層成熟したBEASTのカラーを感じることができる。

特に「shadow」を含む収録曲全曲をメンバーのヨン・ジュンヒョンが作曲したことで関心が高まっている。

昨年ヤン・ヨソプの「Caffeine」でプロデューサーとして洗練された叙情的な雰囲気を最大限引き出し、実力を証明していたヨン・ジュンヒョンは、キム・テジュとのコンビで作詞・作曲に参加した。その効果でCD全体が1つのストーリーを持っただけでなく、ストーリー性の高い構成が出来上がった。

「shadow」は光が消えると同時に消える影のように、愛も光もない世界で愛する人の心から遠ざかる切ない気持ちをBEAST特有の叙情的なダンスリズムで表現した。

BEASTは2ndアルバム発表に先立ってデジタルシングルとして最初のタイトル曲「大丈夫かい?」と2番目の「I’m Sorry」がそれぞれ音源チャートトップに輝いており、2ndアルバムに対するファンの期待はいつになく大きいと話題になっている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-