JYJ所属事務所「会社対会社で侵害された部分に対する権利を精査する」 1

ガールズグループTAHITIが無断盗用論議に包まれた。

最近JYJファンたちを中心に、TAHITIがJYJのヒット曲「MISSION」のイントロを無断盗用したという主張が提起された。

JYJファンたちがYouTubeを通じて公開した動画を見てみると、TAHITIは5月14日に開かれた某大学の学園祭で自分たちのヒット曲「Hasta Luego」を歌った。この時、イントロの部分で「MISSION」のイントロが流れた。曲の間に入る「just pule it off」と歌うパク・ユチョンの音声もそのまま聞こえた。

TAHITIは公演後、学園祭MCとのインタビューで「本来このイントロは海外公演をする時にだけ特別に使うが、この大学の公演なので使った」と明らかにした。実際に今年3月のカンボジア公演の映像でも、TAHITIはJYJの「MISSION」のイントロを「Hasta Luego」のイントロで使った。

これに対しファンたちは両側の所属事務所に問題を提起し、あるファンはツイッターにTAHITIの所属事務所であるドリームスターエンターテインメント関係者から貰った謝罪メールを公開した。

ファンが公開した謝罪メールでドリームスターエンターテインメントは「ファンの皆さんに謝罪の言葉を申し上げる」として「去る海外公演当時、公演関係者の提案によってイントロ部分を使うことになった」と伝えた。

引き続き「その後、担当マネージャーの不注意に公演で再使用した事実を知った」としながら「現在のマネージャーは(会社や学校などの懲戒処罰で、最も軽い)訓戒措置を下され、該当音源は廃棄された状態だ」と付け加えた。