カップル役を演じたことや最近同じ事務所に所属し、より一層関心を集めている

「いとしのソヨン」で恋人役を演じた俳優パク・ヘジン、パク・ジョンアが中国ドラマで再び共演する。

パク・ヘジンの所属会社WMカンパニーによると、パク・ヘジンは8月にパク・ジョンアの中国ドラマデビュー作「ポップコーン」に特別出演する予定だ。

パク・ヘジンは7月初旬、終盤に差し掛かった中国ドラマ「遠く離れた愛」の撮影を終えて中国、韓国両国で広告撮影スケジュールをこなした後、8月に「ポップコーン」の特別出演のために再び上海へ向かう。何より2人は今年3月に大人気の中に最終回を迎えたKBS2TV週末ドラマ「いとしのソヨン」でカップル役を演じたことはもちろん、最近同じ事務所に所属することになり、より一層関心を集めている状況だ。

今回のパク・ヘジンの特別出演はパク・ジョンア初の中国進出を支援する意味があるとのことだ。中国内で圧倒的人気の韓流スターである彼が出演してこそ各種PPLとドラマ版権販売に多いに役立つということから、「いとしのソヨン」「遠く離れた愛」など2つのドラマを息つく間もなく終わらせ、再びドラマ出演を決心したのだ。

一方、最近パク・ヘジンの所属事務所WMカンパニーと専属契約を結び話題になったパク・ジョンアは「ポップコーン」とCCTV共同制作の中国ドラマ「制服を着た女たち」にキャスティングされ、今年下半期だけでも2本のドラマを連続で撮影し、忙しい毎日を送る計画だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-