もっと期待される可能性ある俳優として認められた

俳優イ・ヒョヌが第17回富川国際ファンタスティック映画祭の広報大使に任命された。

富川国際ファンタスティック映画祭「PiFan」は1997年に始まって現在アジアを越えて世界最高権威のジャンルの映画祭で位置づけた映画祭だ。国内外の多くのジャンル映画ファンたちの熱狂的な支持を受けている。イ・ヒョヌは最近興行突風を起こしている映画「隠密に偉大に」で最年少南派要員「リ・ヘジン」役を完壁に演じ、映画界の一番ホットな俳優に浮上した。

ここに富川国際ファンタスティック映画祭は今年の広報大使としてペ・ドゥナ、ハ・ジウオン、パク・ボヨン、パク・ハソンに引き続きイ・ヒョヌを選択した。今年一番大衆の注目を引いている俳優であると同時に、これからがもっと期待される可能性ある俳優として認められたことだ。

PiFan関係者は「最近の興行作『隠密に偉大に』で風変りな魅力を発散して演技に対する情熱と無限な可能性を見せてくれたイ・ヒョヌが若くて個性あるPiFanのイメージとよく合って良かった」と理由を伝えた。

イ・ヒョヌは「普段関心が高かったアジア最多ジャンル映画祭PiFanの広報大使に選定されて嬉しい」という感想とともに「PiFan広報大使として活動しながらもっと多くの大衆とコミュニケーションする俳優になるようにする」という覚悟を伝えた。

一方、イ・ヒョヌは18日、永登浦(ヨンドゥンポ)タイムスクエアで開かれる第17回PiFan公式記者会見で任命状を授与されて公式的な活動に出る。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-