インタビューの終始和気あいあいとした雰囲気を作る

ハリウッドスター俳優ブラッド・ピットが、少女時代のティファニーに会った事実が話題になっている。

「一夜のTV芸能」は「ブラッド・ピットとインタビューを単独で進めた。特別進行者として招待された少女時代のティファニーは、流暢な英語の実力だけでなく愉快な進行で、インタビューの終始和気あいあいとした雰囲気を作った」と明らかにした。該当関係者は「韓国の名所と文化に対して彼が大きな関心を持っているという点を考慮して、ブラッド・ピットのインタビューは海外スターとしては初めて景福宮(キョンボックン)で進行された」として放送インタビューに対する期待を頼んだ。

ブラッド・ピットは2011年に映画『マネーボール』で韓国を初めて訪問した。その際、韓国語で挨拶してファンたちといちいち握手を交わして“パンおじさん”というニックネームを得ている。

今回の来韓はブラッド・ピットが出演、プロデューサー、製作まで参加した映画『ワールド・ウオーZ』のプロモーションのための訪問で、アジアでは唯一韓国を訪問した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-