「ワールドプリンス」としての定着の本格化を予告している

「アジアのプリンス」俳優チャン・グンソクのプロジェクトグループ「Team-H」が「ワールドプリンス」として大きく羽ばたく。

チャン・グンソクが音楽パートナーBig Brotherと結成したプロジェクトグループ「Team H」のツアー「2013 TEAM H PARTY-I JUST WANNA HAVE FUN」は今年1月、広島公演を皮切りに日本4都市、上海、タイ、台湾などを熱狂させ、爆発的な成功をおさめた。以降ファンたちの熱い声援に後押しされ、日本と韓国でのアンコール公演も成功させたチャン・グンソクはアメリカからの熱烈ラブコールに今年6月、アメリカLAとサンフランシスコの公演を確定し、注目を浴びている。

今月22日LAスポーツ・アリーナと28日(金)サンホセHPパビリオンで開催される今回の公演はチャン・グンソク初の公式的なアメリカ進出で、アジアを越えて世界の舞台に羽ばたく彼の目を見張るような活躍に一層関心が集まっている。また、チャン・グンソクはアメリカに続きヨーロッパからも公演要請が殺到しており肯定的に検討しているところで、抑えきれないほど大きくなる彼のパワーが推し量られる。何より韓国人男性俳優のアメリカ公演が異例であるのはもちろん、チャン・グンソクは昨年「UMF KOREA、Ultra Music Festival」と「Summer Sonic」など世界的なミュージシャンが開催する最大規模のフェスティバルで才能を認められたこともあり、「ワールドプリンス」としての定着の本格化を予告している。

一方、チャン・グンソクは先月29日に日本で発売された2ndアルバム「Nature Boy」がオリコンデイリーチャート1位を席巻し、再び「チャン・グンソク神話」が続いている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-