「周囲の助言をたくさん受け入れたアルバム」

歌手SOL(テヤン)をご存じだろうか。

小学生だった2000年、同い年のG-DRAGON(Gドラゴン)と共にHIPHOPとR&Bが好きで、ヤン・ヒョンソクのYGエンターテインメントへ練習生として入った子どもがSOLだった。この子は韓国の年齢で19歳だった2006年、親友G-DRAGON、一歳年上のT.O.P(トップ)、そして弟のD-LITE(テソン)、V.I(スンリ)とBIGBANGとしてデビューした。物静かな性格だが、BIGBANGのチームワークと音楽的中心を捉えるほど実力を認められたメインボーカルSOLは、2010年に初めてのソロアルバムを発表してR&Bスローダンス曲「ONLY LOOK AT ME」でミュージシャンとしても認められた。

そしてSOLは4年後の今年6月3日0時、ソロアルバムをリリースした。強烈なパフオーマンスを中心に置くと考えた周囲の予想を果敢に破り、感性スローR&Bのタイトル曲「EYES,NOSE,LIPS」を前面に出した。

その反応は爆発的だ。

絶対に派手だったり強くはなくて、さらにハイライト部分も終盤にあるため長く待たなければならないこの曲は、公開3時間で同日明け方3時から同日午後まで、メロン、Mnet、オーレミュージック、バグズ、ジニー、ソリパダ、モンキー3、ネイバーミュージック、ダウムミュージック、サイワールドミュージックなど韓国の主な音楽サイト10ヶ所のリアルタイムチャート1位を一気に占めている。YGエンターテインメント(以下YG)のメインプロデューサーテディとDEE.Pが共同でメロディを作り、SOLが主導したこの曲は、歌謡ファンたちに聴く喜びを感じさせ、音源チャートでも底力を発揮中だ。

SOLの感想はどうなのだろうか。

SOLは「実は今回のアルバムをリリースする前はかなり不安だった。4年前に出した1stソロアルバムが純粋に僕の考えによるアルバムだったとしたら、今回のアルバムは大衆と息をしなければならないというヤン社長(ヤン・ヒョンソク)など、周囲の助言をたくさん受け入れたものだ」と伝えた。引き続き「初めは僕の思いのまま発表するのが正しいと感じたが、その後、周囲の助言もかなり正しいという感じがして、今回のアルバム作業が長くかかった」としながら「もちろんその助言を僕自らが受け入れるまで、長い時間がかかった」として笑った。

SOLは「新しい試みなので不安だったが、こんなにも反応が早く来たのは初めて」としながら「長い間の悩みと苦痛の末にリリースしたソロアルバムと新曲に多くの方々が関心を持って下さり、今回の音源1位は本当に感慨深い」と語った。さらに「今回のアルバムを通じて、素直に僕がお見せしたいのは、僕の率直なボーカル。『EYES,NOSE,LIPS』を舞台の上で本当に熱心にして、僕が歌が上手い歌手だということをお見せしたい」と覚悟を見せた。

SOLは「音源1位の後、僕の友達ジヨン(G-DRAGON)はもちろん、BIGBANGのメンバー全員がお祝いのメッセージをくれた。ヤン社長を含む皆さんにとても感謝している。そのためさらに熱心にしたい」と話を終えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-