音楽活動と並行してサッカー番組は欠かさず出演

アイドルグループBEASTがサッカーからフットサルまで網羅して、真の“サッカーアイドル”に出た。

BEASTのメンバーユン・ドゥジュン、イ・ギグァンは、地上波3社で進行している関連プログラムにもれなく出場した唯一のアイドルだ。ユン・ドゥジュンとイ・ギグァンはBEASTメンバーヤン・ヨソプと共に今月26日、MBC特集番組「アイドルフットサルワールドカップ」とSBS「ランニングマン-ワールドカップ特集」の収録に参加した。結局メンバー3人は一日中フットサル競技で走った。

ユン・ドゥジュンとイ・ギグァン、ヤン・ヨソプは「アイドルフットサルワールドカップ」で“アイドルリーグ”ではなく“ワールドリーグ”に出場した。2年連続「アイドル陸上大会-フットサル部門」で抜群の実力を見せたおかげで、一般の“アイドルリーグ”ではなく“ワールドリーグ”に分類されたのだ。

競技を終えた後、メンバー3人は急いで「ランニングマン」の収録現場に移動した。元国家代表パク・チソンと共にグラウンドに走れる機会は逃せなかった。ユン・ドゥジュン、イ・ギグァン、ヤン・ヨソプはすでにフットサル競技を行った後だったが、「ランニングマン」でも頭角を現わしたことが分かった。「ランニングマン」の製作スタッフは「想像以上のサッカーの実力で、見る人々を驚かせた。本当に楽しい雰囲気の中で撮影を終えた」と明かした。

これだけではない。ユン・ドゥジュンとイ・ギグァンはKBS2「ホドンの芸・体・能(イェ チェ ヌン)〜めざせ!ご当地スポーツ王〜サッカー編」(以下「芸・体・能」)でレギュラーメンバーとして活躍している。ユン・ドゥジュンは今月27日、「芸・体・能」チームと共にブラジル現地での撮影のため出国した。特に中学生までサッカー選手として活躍したユン・ドゥジュンは、現在Kリーグの広報大使で活動中だ。ユン・ドゥジュンは、Kリーグの競技はもちろんサッカー関連の広報に励んでいる。

BEASTは6月にカムバックを発表した状態で、忙しいスケジュールを消化している。だがユン・ドゥジュン、イ・ギグァン、ヤン・ヨソプはサッカーおよびフットサル関連番組には積極的に出演している。彼らに向かった各種番組のオファーは留まるところを知らない。所属事務所関係者によれば、メンバー3人はカムバック準備の並行で疲れている状況にも関わらず、関連スケジュールは拒まない。

ユン・ドゥジュン、イ・ギグァン、ヤン・ヨソプは現在、芸能人サッカーチームFC MENメンバーとして活躍している。所属事務所(キューブエンターテインメント)内で組まれたサッカーチームでも、後輩BTOB、ノ・ジフンなどとたびたび競技を行っている。BEASTは普段からサッカーをあまりにも好きなせいで、海外活動中にも欠かさない。休み時間をサッカーに割愛するほどだ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-