広告出演契約に伴う、品位維持義務を違反した債務不履行に該当

KARA:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

KARAが広告主に5,000万ウオンの支払い命令判決を受けた。

ソウル高等法院は衣類業者リアルカンパニーが、KARAの所属事務所であるDSPメディアを相手に提起した損害賠償請求訴訟で「DSPメディアはリアルカンパニーに5,000万ウオンの支払い命令を下す」という原告一部勝訴判決を下したと今月21日、明らかにした。

裁判所はKARAが品位維持義務に違反したと判断した。裁判所は「KARAは契約騒動が起きる前、溌刺とした身近なイメージを持っていた反面、その後は否定的な報道が出てくるなどイメージが相当程度、下落した」として「広告出演契約に伴う品位維持義務を違反した債務不履行に該当する」と判示した。

ただし広告主が「このような紛争が企業イメージを傷つけた」という主張に対しては、「KARAの構成員が法的な権利を主張する過程で生まれた問題に過ぎない」として受け入れなかった。

さらに「契約解約の効力が発生する前にすでに履行した部分は有効なので、原告はこれに対し相応するモデル料を支給しなければならない」として衣類業者もDSPメディアに5,000万ウオンのモデル料を支給しなければならないという判決を下した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-