「映画やドラマに出てくる方々は生まれる時に神様に決められた方々だと思った」

ソン・スンホン:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

「ラジオスター」でソン・スンホンがソ・ジソブ、ウオンビンと初めて会った話を告白した。

MBC「ラジオスター」には映画『人間中毒』の主演陣である俳優ソン・スンホン、チョ・ヨジョン、オン・ジュファンとキム・デウ監督が出演した。ソン・スンホンは「ビリヤード場で過ごした写真でモデルとしてデビューし、俳優になることができた」と話した。

ソン・スンホンは「以前アルバイトをしていた時、衣類会社のデザイナーの方が名刺をくれた。その当時、映画やドラマに出てくる方々は生まれる時に神様に決められた方々だと思った。僕とは全く関係がないことだと思った」と話した。

引き続き「ビリヤード場で友達がインスタントカメラを買ってきて、ビリヤード場で写真を撮って送ったが、最終予選に行くことになった」として、最終予選で会った2人の候補がソ・ジソブとウオンビンだったと明らかにして周囲を驚かせた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-