『トライアングル』のジェジュンが俳優の顔を見つけた。

短くない期間、歌手兼俳優として活躍して演技力を見せた彼だったが、様々な姿を見せるには役の限界があったことが事実。

そのようなジェジュンが今回の作品で選んだのは“犬ゴミ”と呼ばれる“チンピラ”ホ・ヨンダル役だ。今までしてきた役とは確かに他の面を見せられるキャラクターだ。

ジェジュンは今月5日午後10時にスタートしたMBC新月火ドラマ『トライアングル』で、ホ・ヨンダルに扮し、ドラマ序盤の中心を導いていった。

ホ・ヨンダルは一歩間違えばトラブルを呼ぶ思考を持つが、女性たちの心をとらえる魅力的なスキもある人物。ジェジュンはそのようなホ・ヨンダルを自然に演じた。力を抜いた演技で、これまでの“王子様”役とは全く違った“軽さ”や“安っぽさ”がしっかり染みつきドラマに面白みを増した。

この日ホ・ヨンダルはカジノで金を使うためなら何でもするチンピラの姿を見せた。彼は自身を不倫相手に利用する人妻(キム・ヘウン)に携帯電話の露出写真を口実に金を要求するかと思えば、やくざの親分が土の中に隠したお金を取り戻して豪遊する大胆さで今後見せる事件に対する視聴者の期待感を高めた。

その過程でジェジュンは露出を恐れない大胆な変身を敢行した。女性からお金を得るために服を脱ぎ、何も恐れぬ血の気の多い性格によって争いが起こるホ・ヨンダルを興味深く消化した。さらに警察にはよく見えるためにゴマをすり、突然に追われる身になると下着で逃げるなど、時には卑劣でコミカルなホ・ヨンダルのキャラクターを生き生きと自然に表現した。

今までジェジュンはアイドル出身演技者のため、演技力に対して高い評価は受けられなかったのが事実だ。カッコいいばかりの役はアイドルのイメージと重なって、それほど新たな変身は描かれなかった。しかし今回のホ・ヨンダル役は、そのようなジェジュンが役者として認められるターニングポイントになるだろう。それだけ似合っているし、自然だった。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-